お見合いの服装

女性のお見合いの服装は「振袖」という時代ではないようで、着物を着れば大丈夫というわけにもいきません。ただし両親が揃って、紹介者もいるお見合いの服装の場合は、ひょっとすると、「振袖」がふさわしいかもしれません。お見合いの服装は、男女でバランスが悪すぎても良くないので、「振袖」で良いかというのは、紹介者の方に確認してみると良いでしょう。

お見合いの服装で悩む場合は、最初に紹介者に、どのような「場所」でどのように行われるかを確認してください。高級なレストランの場合は、ドレスコードなどもあるかもしれませんので、「場所」はお見合いの服装選びに重要です。また、両親が揃うのか、紹介者の方は同席するのかによっても、お見合いの服装は若干変わりますので、同席者のチェックも大切です。

また、男性がカジュアルであったり、女性がカジュアル過ぎてしまったりすると、バランスが悪かった場合、初めての顔合わせで間の悪い感じになってしまう場合もありますので、バランスを考えることは重要です。一般的に、お見合いの服装というと、男性はスーツですが、女性の場合は、スーツでも良いですが、少し堅苦しい印象を与えてしまうようです。お見合いの席での第一印象は大変重要なので、どのようなイメージで臨むかを考えてお見合いの服装を選びましょう。

通常、どのような方にも好感を持たれるのが、柔らかで明るい色の服装のようです。ワンピースなど、「スカート」をはいていくのが、一般的なようですが、スカートの長さにも注意すると良いようです。あまり長すぎてもいけませんし、短すぎても品がありません。適度な長さを選ぶ必要があります。カジュアルに二人だけで会う、という場合は、男性がスーツでない場合が考えられます。その場合、ご自分がかなりドレッシーにしてしまうと、食事の後にどこかへお出かけの際に、少しカップルとしてバランスが悪く感じられますので、少しカジュアルを取り入れてみると良いでしょう。

お見合いの服装というのは大変重要ですが、まずはその人となりを知ってもらうことが重要ともいえます。お見合いでも個性を出したい、という方は、カジュアルなお見合い形式ならば、個性を出しすぎない程度に自分らしさを出してみることも良いかもしれませんね。

お見合いの服装は、お見合いの席、同席者などを確認して、その場所にふさわしく、また好印象を与えるように考えるのが良いようです。

カテゴリー:お見合い 結婚相談所

お見合い写真の撮り方

お見合い写真というのは、どのようなものが良いか悩みと思います。お見合いをする以上は、好印象を与えるにはどうすれば良いか、よく考えなくてはなりません。

お見合い写真というのは、最近ではいわゆるスナップ写真で良い、とも言われています。カジュアルな姿は、ご本人の親しみやすさを感じますし、等身大の個性が見えるでしょう。しかし、着物を着て、スタジオで撮られた写真の良さもありますので、振袖で撮影されたお見合い写真も現在でも多くあります。また、プロの撮った写真というのは、より美しく見えるポーズなども分かっていると思いますので、スナップ写真よりもはるかに魅力をひきだしてくれるでしょう。

スタジオでの撮影の場合「お見合い写真である」とはっきり伝えるとこが成功の秘訣です。プロの腕で見合いにぴったりの写真が出来上がります。女性の場合、美しい自分を撮ってもらいたい、という気持ちもあるでしょうから、お見合い写真としてプロに撮ってもらうのは、素人のスナップ写真とは違う美しさを演出できます。また、プロの撮った写真は、多少修整をすることが可能なので、いつもより美しい自分が演出できます。メイクアップやスタイリングなどもプロにおまかせすれば、より美しく見えるので好印象になります。

通常、お見合い写真は、しっかりと撮られたものとカジュアルに撮られたものを両方用意する傾向にあるそうです。その場合、他の人物が写っている写真は避けたほうが良いでしょう。また、ロケーションとしては、部屋などで撮影されたものよりも、明るい場所で撮ったほうが綺麗に写しだされるので、庭などのバックが華やかな場所で撮ることをおすすめします。

お見合い写真というのは、相手に好印象を持ってもらうことも大切ですが、自分らしさを分かってもらうことも重要です。なるべく楽しい表情で、明るく爽やかな印象が持てるような写真を撮り、洋服なども、爽やかさが見られるものが良いと思います。お見合い写真は、初めて相手にその姿を見せる大切な資料なので失礼の無いように、自分をアピールする手段として大切です。

カテゴリー:お見合い 結婚相談所

このページの先頭へ