ホーム > 車・バイク > 状態が微妙な車は修理に出してから査定を受けるべきなのか

状態が微妙な車は修理に出してから査定を受けるべきなのか

やや使い込んだ車の場合は、色々傷が付いている事があります。目立つ線傷が付いていて、やや見栄えに難がある車もあります。そのような車を売ろうと思っている方は、修理を検討している事も少なくありません。というのも車買取のお店は、車の状態を確認する訳です。車の状態があまり良くなければ、査定額も低めになる傾向はあります。しかし車の修理を行っておけば、見た目は良くなるのです。ですから一旦は修理した上で、車の査定を受けるべきだと思っている方も多いです。ですが、それだけは避けるべきです。修理を行ってしまうと、たいてい赤字になります。例えば修理を行わない状態ですと、車の買取額は30万円だとします。修理を行った場合、買取額は33万円です。ところで業者に修理を行ってもらう場合、費用も支払う事になるのです。もしも修理代金が8万円であれば、5万円の赤字になってしまうでしょう。ですから状態が微妙だとしても、修理に出さずに査定を受ける方が無難です。

中古車の走行距離!希望通りの車選びができるのは何万キロ?