平成の結婚事情

現代の日本はいわゆる結婚適齢期に差し掛かると結婚相手を探す必要があります。別に結婚する意思がなければ無理してまで探す必要はありませんが、やはり周りが続々と結婚したり、親からのプレッシャーなどの理由で結婚を強く意識するようになります。恋愛結婚であれば、結婚適齢期に付き合っていた相手と結婚することが現実味を帯びてきます。お見合い結婚であれば親や上司などが持ってきた縁談に乗る形で、その相手と相性があえば結婚することになります。

このように恋愛結婚であれ、見合い結婚であれ、結婚適齢期に結婚相手がスムーズに見つかる場合はそれで問題ないのですが、全員が必ずしもそうではありません。結婚する意思はあっても結婚相手が見つからないという人は実に多いのです。それもそのはずで、かつては結婚相手を自分で見つけることがあまりありませんでしたから、むしろ結婚は簡単なものでした。もちろん自分の意図する相手でない場合もありますから、その後の結婚生活がどうなるかまでは分かりませんが、その時代は結婚に今のような幸せを求めていないという面もあったでしょうから、総合的に判断して現代よりも結婚で悩むことは少なかったことが予想されます。

現代では結婚が自由になった反面、結婚相手を探したりすることも自己責任の時代となりました。自己責任というと聞こえはいいですが、要するに結婚相手は自分で見つけなさいということです。見つからないとしても、誰も知りませんよということですから異性とコミュニケーションすることが苦手という人にとっては大変不利です。恋愛ごとの特徴として、少数の“モテる人”に多くの異性が集まってしまうという傾向があるのでそれに漏れた人はどうしても勝ち組に対して負け組のようになってしまいます。

大多数の人は負け組に回ってしまうことになりますが、悲観することはありません。そんな人のためにあるのが結婚相談所です。恋愛結婚はあくまでもいい人と出会う偶然に恵まれなければ前に進みません。ですが結婚相談を活用すると、もっと理論的にいい人と結婚にたどり着く可能性が高くなります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚 結婚相談所

このページの先頭へ